スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ceco
category:スポンサー広告  

2010 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展
前の日曜のことですが、
2010イタリア・ボローニャ国際絵本原画展@板橋区立美術館に行ってきました。

http://www.itabashiartmuseum.jp/art/schedule/now.html








いきなりちょっとネタバレ注意なんですけど、
入場チケットが



100730_1726_01.jpg

ぐぐっ



100730_1727_01.jpg

しゃきーん☆




という、飛び出す絵本型なっていて驚きました。

今までこういう遊び心のあるチケットって見たことありません。面白い!


展示のほうは、特別展示のタシエス氏の作品数点と、
入選者八十数人の作品が展示されていました。
世界規模の絵本原画展のいいところは、
幅広い作風を観ることができることですね。
特にこのボローニャでの絵本原画コンクールは、
入選作に順位をつけないということもあり、
より多種多様な作品があったのではないかという印象でした。



そしてこの日を選んだのは、
講演会「絵本作りで考えるべきこと」も聴きに行くためでした。
イギリス、アングリア・ラスキン大学でこども向けの本の制作、イラストレーションを教えられている
マーティン・ソールズベリー氏のお話でした。

氏の教え子の描かれたイラストが海外版のハリー・ポッターの表紙になっていたり、
イギリスの写実的な作風や絵本作家の高額なギャラ、
北欧ではこども向けの本には政府が支援金を出してくれるなど、
多くの貴重なお話をしてくださりました。

やはりヨーロッパは、美術や絵本における環境がとても優れていそうですね。
いずれ海外行きも視野にいれて生きていこうかなと思いました。
まあ、ただのほら吹きになりそうですが…


あと、絵本の中身においては
テキストと絵が重複せずにお互いに補い合うことの大切さや、
絵本の中での時間の流れなど、
参考になるお話ばかりでした。




会期は8月15日までみたいなので、
暑い中で大変かもしれませんが、ぜひみなさまも観に行かれてはいかがでしょうか。
その後も全国に巡回するようなので、地方の方もぜひぜひ。

素晴らしい原画たちを観れば、この暑さなんて吹っ飛びますよ~


以下、web拍手お返事(moreへ)
>はじめまして!イラスト~の方

いえいえ、私は大したもの描けてませんよ~
これからもマイペース更新になっていくと思いますが、ときどきお越しいただければと思います~^^
拍手ありがとうございました!
posted by ceco
category:にっき   comment:0 trackback:0

thema:美術館・博物館 展示めぐり。 - genre:学問・文化・芸術


comment
comment posting














 

Trackback URL
http://ecocobo.blog48.fc2.com/tb.php/95-211075df
Trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。